スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大人はやっぱり判ってくれない

ふくれつら「ぜんぶ、フィデルのせい」(2006年/イタリア・フランス@サロンシネマ)

1970年代のパリ。弁護士の父と雑誌記者の母を持つアンナは、名門のカトリックスクールに通うお嬢様。
だけど、最近,パパとママの様子がおかしい。庭付きのおうちから狭いアパートに引っ越して,家にはヒゲ面のおじさんたちが出入りし,何かといえば,団結,団結。
前の暮らしの方が断然よかった。バカンスにはボルドーに行きたかったし,得意な宗教学の授業にも出席させてもらえない。パパ達の言う,キョーサン主義って何?大好きだったキューバ人のお手伝いさんもいなくなってしまった。最後に彼女が言ってた。「アカは大嫌い,悪いのはフィデル・カストロだ。」って。
そうか,ぜんぶ,フィデルって人のせいなのね!

おもしろい映画でした。
共産主義活動に目覚めた両親に翻弄される9歳の女の子の物語。
突然変えられた生活にどうしても納得がいかない!片や幼すぎる弟は,あっという間に順応。家族の中で,アンナただ一人が,いつも脹れっ面。
子どもは衣食住を親に頼らないと生きていけないから,辛いよね。どんなに嫌でも,親のライフスタイルに従わざるを得ない。なんとなく,天理教や創価学会の家の子を思い出してしまった。(身近で聞く例では,親の考えに染まってしまうか,逆に拒絶反応を起こしているかのどちらかだったり。)
でも,嫌な気持ちにならなかったのは,両親がちゃんとアンナを愛している事。そして,子どもを自分の所有物とは思っていないらしい事。
そしてなにより,主人公のアンナが負けてない!嫌な事は嫌だとハッキリ言うし,納得いかない事は,どんな大人に向ってだって,オブラートなんかに包まず,ズバズバ質問する。またこの疑問が,見事にモノの矛盾点を突いているのよ。
そして,けして,70年代の共産主義活動の是非を問う映画ではありません。
チリの社会主義政権樹立を目指すヒゲ面おじさん達も,その運動を支援する父も,女性解放を唱える母も,入れ代わり立ち代わり雇われる各国のお手伝いさんの世界観も,地主階級のおじいちゃんおばあちゃんの生活様式も,カトリックスクールのシスターの授業も,どれが正義でどれが悪という事はない。みんな,それぞれその人の正解であり,そして,実は大人だって,間違える事はある。
アンナのとおり,自分の目でちゃんと見て,考えて,自分の答えを出せばいいんだよね。

またこのアンナちゃんが,可愛い~。まつ毛が長くて,くるんと上向きカールで。いつも仏頂面なんだけど,お父さんが遊んでくれたりする時は,子どもらしくはしゃぐのね。
口げんかする両親を置いて,家出を決行する時は,いつもケンカしてるはずの弟の手をちゃんと引いている。おねえちゃんだなー。ほろり。
それと,お洋服がどれもこれも可愛かった!子ども服なんだけど,幼稚な訳じゃなくて,サイズを大きくしたら大人でも着れそうなシックなデザインにしてキュート。ヨーロッパの子どもはセンスがいいなあ。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

はんちゃん

Author:はんちゃん
重度活字中毒者
積ん読に追われている。

カレンダー(月別)
10 ≪│2017/11│≫ 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ブログ検索
FC2カウンター
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。