FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

魔法jにかけられて

今日はくーちゃんとデートの日。まずは映画へ。

魔法にかけられて「魔法にかけられて」(2007年/アメリカ@シネツイン2)

「おとぎの国“アンダレーシア”に暮らす美しい娘ジゼル。王子との結婚を妨害する魔女に騙されて,「永遠の幸せなど存在しない世界」へと追放されてしまう。そこはなんと現代のニューヨーク!」 

冒頭の,おとぎの国での描写はアニメーション。森で動物たちと暮らすヒロイン。(動物たちと歌い踊っています。)巨人の怪物に襲われていたところを王子に助けられ,二人は一目で恋におちる。(もちろんここで二人デュエット)。ディズニークラシックのどれかのシーンだと言われても,きっと信じてしまう。
けれど,魔女の呪いで突き落とされた井戸の底の先は,なぜかNYど真ん中のマンホール。そこから実写になるのですが・・・
うわー。ディズニー開き直りのセルフパロディです(笑)
実写になったお姫様が,微妙に年くってたり,アニメのプリンセスなら可愛いであろう「いつか王子様が」の言動や,お目目をキラキラさせて愛を語って突然歌いだす様子が,今風の言葉でいうと,「痛い人」風だったり。
NYで彼女に出会う男性は,現実主義者のバツイチ子持ち離婚専門弁護士。彼は,明らかに,ひいております。警察に電話しそうです。
一番笑ったシーンは,アニメの彼女が歌うと,森の小鳥や動物が集まって,いろいろ可愛いお手伝いをしてくれるのですが,実写のNYでそれをやると・・・。
これ,ディズニーをパロって他のアニメ会社がやると普通に面白いだけなんでしょうが,ディズニーが自分でやってると思うと,天晴れです。
それと,王子様もヒロインを助けにNYにやって来るのですが,この頭からっぽの馬鹿王子っぷりが,まさにおとぎ話のプリンス・チャーミング。眉毛をおおげさに動かしたり,口の片側だけで笑ったり,手の先まで神経の行き届いたオーバーアクションなど,ホントにディズニーアニメの形態模写みたいでしたよ。
などなど堂々のセルフパロディっぷりでしたが,夢と魔法の大団円は,きっちり通しておりました。
それにしても,ディズニープリンセスといえど,現実のNYでは手に職が必要なようです!

さて,この日のメインイベントは,子ども文化科学館のメガスター(!!)だったのですが,その感動についてはまた後日。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

はんちゃん

Author:はんちゃん
重度活字中毒者
積ん読に追われている。

カレンダー(月別)
03 ≪│2019/04│≫ 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ブログ検索
FC2カウンター
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。