スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

京都旅行

くーちゃん,やへさん,MASAちゃんと京都へ行ってきました。

お茶席
町屋
建て付け
妙心寺でお茶をいただく本日のお宿閉まらないのも味
右近の橘
桜
働いてます
右近の橘御所の桜。咲きこぼれてます勤務中の皇宮警察(!)の警察犬。りりしい~!

京都歩きの達人,やへさんのナビのもと,桜を堪能しました。
ソメイヨシノは結局,職場の庭のを一目ほど見ただけでしたが(いつの間にか満開になってて,次に気付いた時には散っていた・・・),おかげさまで,京都の見事な桜をいろいろ見る事ができました。
妙心寺退蔵院の糸桜,仁和寺の御室桜,京都御所のしだれ桜,京都地方裁判所の桜並木。
初めて買ったデジカメが珍しくて,写真撮ってみたけど,当たり前ですが,写真を撮るのに気をとられるより,自分の目で思い切り見る方がいいですね。(カメラに慣れてないのもありますが。)
人間の目は,ファインダーに切り取られるよりも,かなり広範囲にいろいろな物が見えているんだなー。

お宿は,御泊処 「京町家 相国寺庵」
京都の町屋を丸ごと一軒,一夜の宿として借りられるというもの。
フロントなどの設備はなく無人なのですが,掃除も行き届いていて,お茶のセットなど細かい気配りが行き届いていて,おばあちゃんの家に里帰りしたモードでゆっくりできました。昔ながらの町屋の風情を楽しみつつ,お風呂やトイレや暖房設備は近代的で快適です。
また,他の町屋ステイも試したいなあ!

おろすぞ~!買い物は,包丁鍛冶の有次錦店で買ったおろし金。
本当は,包丁も欲しかったのですが,ステンレスの包丁しか持ってなかったので,ふと,お店の人に「お手入れはどのように・・・」と聞いたところ,
まず,毎日使うことが前提で,1ヶ月から2ヶ月に一度(だったか?)研いでいただければ・・・」
がーん!!前提からもう,持つ資格なしじゃん!!そばでMASAちゃんが,「私達は,退職した後じゃないと無理だよ・・・。」と慈母の微笑み。(いや,私の場合,毎日家にいたとしても,ダメだろう・・・。)
という訳で,おろし金だけ買いました。持った瞬間,「重っ!」と思いましたが,よく考えたら,こういう吸い付くような安定感があった方がおろしやすい。横の竹細工は,お掃除用。なんと,持ち手に名前まで彫ってくれました。
で,お店を出ても包丁に未練があり,後から「あ,ぺディナイフくらいなら大丈夫だったかな・・・」とつぶやくと,横にいたくーちゃん(@喫茶店勤務)がすかさず,「あれも,すぐ錆びるよっ!」ううっ。
とかいうと,料理をする人のようですが,よく考えたら,そんなに大根をおろしたりする事もなく,おろし金はまだ一度も使われないままです・・・。
ちなみに,圧力鍋も,相変わらず一度小豆を煮たきりです・・・。ああ・・・・。
スポンサーサイト

浅草

浅草の話題ついでに,今月9日の浅草巡りのアルバム。
浅草寺
20070621233412.jpg
浅草寺と伝法院通り。いろんなお店があって歩くだけでも楽しい。手をつないで歩く3兄妹がカワイイ。「どこから来たの?」とあっちこっちから声をかけられてました。
ビーフシチューお昼に食べた「フジキッチン」のビーフシチュー。仲見世から一本裏通りに入った所にあるお店。1週間かけて作るという熟成のソース。お肉も柔らかくてとろとろ。
20人入るか入らないかの小さなお店。カウンターから白髪頭のマスターが料理をしてる姿が見えます。戦後すぐの開店ということは60年??
レストランじゃなくて,あくまでも洋食屋さんなのだ!
浅草演芸ホールで2時間ばかり落語も聞きました。時間があれば日がな一日ここで過ごしてみたい。
地方で落語を聞く機会というと,かなり有名な人の独演会しかないですが,こういう前座から真打までいろんな人のいろんな芸が,いつ行っても見られる寄席があるってうらやましいです。
犬も歩けばそして浅草でのお目当ては,仲見世の助六さんの江戸小玩具。
ことわざシリーズを少しずつ集めているのです。
今回出会ったのは,「犬も歩けば棒にあたる」(「犬も歩けば棒と遊ぶ」だね,とY村さん。ホントに。喜んでるぞ。)
ああ,でも,「馬の耳に念仏」には会えなかった・・・。お百姓さんが馬の耳になにやらささやいている風情が,すっごくキュートだったんですよ。ああ,見たときに買っておけばよかったのか。
店主さんにお聞きしたら「また,作っておきます。」と。本当??

他にもつい,買ってしまったもの。
  
マウス当ててみてくだされ。戌が亥に!(跳ねて笠が飛んだら中には・・・というおもちゃです。ちなみに,右にあるのはマッチ棒。小さっ!)

お江戸と「間宮兄弟」

杏のあんみつ 昨日に引き続き三越のお江戸物産展へ。今日はやえさん,K合さんと。
やえさんのお目当ては人形町玉ひでの親子丼のイートイン。11時前には行列だったらしく,やえさんが先に入って並んでてくれました。
で,肝心の親子丼のお味は,ちょっと私には辛かった!やっぱり関東は醤油が濃いのかなあ?
それはいいけど,お品書きの説明。
「御鷹匠仕事で切り分けた軍鶏」
「御鷹匠仕事とは,将軍家の御前にて鶴を切る厳儀に由来する格式高い包丁さばきです。血を見せず,肉に手を触れることもせず,鳥を〆,取り分け,薄く切る熟練の秘法でございます。」
ええっ,どうやって!?魔法か?一休さんのとんちか??
写真はテイクアウトした銀座若松の杏あんみつ。ぎゅうひがおいしかった!また東京名物巡りしたいなあ。築地にも行ってみたい。帰りに寄って買って帰ろうと思っていた築地丸武の玉子焼,売り切れてて残念だったよ!テリー伊藤のお兄さん(笑)の店だったのに!(K合さんは「私だって清水國明のお姉さんの店で本を買っている!」んだそうな(笑)

江戸風鈴 今日の私のお目当ては江戸風鈴。朝顔柄が欲しかった。ベランダに下げたいところですが集合住宅ではさすがに騒音になってしまうので,この様に部屋に飾ってます。
部外者の勝手なノスタルジーですが,こういう職人仕事はずっと残っていってほしいなあ。。。。

昼からは「間宮兄弟」を見に行く。
す,すいません。途中爆睡してしまいました。なんだか分かったような分からんような映画でした。でも,同性のきょうだいってやっぱりいいね。
間宮兄弟のコケティッシュなお母さん,中島みゆきだったらしい。どっかで見た様な気がしてたが気づかんかったよ!まさか女優として出てくると思わんし。それに佐々木蔵之介のお母さん役!?
私の中島みゆきのイメージは,中学生の頃聞いていたオールナイトニッポンのパーソナリティで止まっている。「家族の肖像~」
そうねえ,斉藤由貴も中学生のお母さん役だものねえ・・・。

お江戸と「ダ・ヴィンチ・コード」

雪うさぎ
くーちゃんが遊びに来る。
三越でお江戸TOKYO物語という物産展をやっているので覗きに。
目当ては江戸手ぬぐい。好きなんです。季節に合わせて柄を変えて部屋に飾って楽しみたい。なんて風流な。今からの季節なら,花火柄もいいし~,七夕柄もいいし~。ほおずきもいいねえ。
←で,ヒトメボレして買ったのがこれ。「雪うさぎ」
って,既に季節は無視されています。


三越なんて物産展でもなければ買い物に来る事がない。ブランドってさっぱり分からないし。
1階のダンヒルの売り場では,W杯日本代表チームがこの間の出国の時におそろいで着ていたスーツを売っている。
って,私,何故かあのスーツ,「洋服の青山」提供だと思っていました!オフィシャルスポンサーだと聞いた様な気がしたんだけど,違いましたか!??どこでそんな勘違いをしたんだか。
だって,普通のサラリーマンが着てそうな,ありきたりのグレーのスーツに見えたがなー。
でも,ネクタイがよく見ると可愛い。小さいサッカーボールが散らしてある。こっちのもう一種類の方のネクタイの柄は何だろう。ホチキスの針か??
「・・・サッカーゴールじゃない?」
ありがとう,くーちゃん。

その後,「ダ・ヴィンチ・コード」を見に行く。
原作を上手いこと2時間余りに納めていたな~。展開が速い速い。でも,これ,原作読まずに映画だけ見た場合意味分かるのだろうか?しかも情報量の限られた字幕だけ読んで。←教皇とA・ホープの謎解きとか,あの字幕で分かるの??シラスの信仰と恭順の理由は?だいたい,日本人には,キリスト教文化の共通認識みたいな物がないのよ~。
でも,くーちゃん曰く,「ラストシーンは映画の方がかっこよかった!」確かに最後に突き止めた,かの聖地で跪くシーンは余韻があって良かったな。

そういえば,原作もなかなか読み進められなかったなあ。なかなか入り込めないまま終わってしまった。一向に冒頭の殺人現場のルーブル美術館から脱出できず,ページも進まず。
そして,最後まで,「いつモナ・リザの謎が明かされるんだ!?」と思っていた私。
でも,「ダ・ヴィンチ・コード」特需か,服部まゆみさんの「レオナルドのユダ」が文庫になったのはうれしかった!
プロフィール

はんちゃん

Author:はんちゃん
重度活字中毒者
積ん読に追われている。

カレンダー(月別)
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ブログ検索
FC2カウンター
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。